お金・仕事・健康のライフハックを紹介するサイト

YuzuNote

ECサイトの無料ASPと有料ASPの違い

ECサイト

ECサイトの無料ASPと有料ASPの違い【注文フォームに着目すべし】

投稿日:

ECサイトのASPって無料か有料の違いは何?どっちがいいの?

そんな疑問に答えます。

この記事を書く僕は、ECサイトで月15万円〜20万円を稼いでいます。

個人でECサイトを始めたいという方がはじめの一歩を踏み出すのに役立つ情報を解説していきたいと思います。

結論は「注文入力フォームをカスタマイズしたいなら有料ASP」です。

ECサイトのASPは2種類【無料か有料か】

ASPは有料と無料の2種類があります。おおまかに下記の特徴があります。

  1. 【有料ASP】機能が豊富・デザインの柔軟性が高い
  2. 【無料ASP】機能やデザインに制限がある

無料ASPでもECサイトに必要な機能を満たしたサイトは作成できますし、デザインテンプレートが充実しているので、デザイン不要で始めることもできます。

ただし、無料ASPではできないことが1つあります。

それは

注文フォームのカスタマイズ

です。

注文フォームのカスタマイズは有料ASPのみ

無料ASPの場合、商品のバリエーション設定がとてもシンプルです。

ECサイトのASPの違い

サイズがS,M,Lというバリエーションがある商品の場合、在庫数をそれぞれに対して設定はできますが、サイズごとに料金を変更したりすることはできません。

そのため、サイズ×カラーのような複数のバリエーションに対応の注文フォームにしたい場合は有料ASPで対応する必要があります。

ECサイトの無料ASPで対応できない注文フォーム

上記のようなフォームを見たことがあると思いますが、無料ASPだとこのようなフォームをつくることができません。

また、「サイズ入力」など任意の項目を入力してもらうこともできません。(この機能を「名入れ」とよく呼んでいます。)

ECサイト

有料ASPなら複数バリエーションも名入れ機能も対応しています。

ECサイトで有料か無料かを決める際には、まず注文フォームがどうなるかを考えてみると良いです。

自ずと選択肢が絞られていきます。

おすすめのECサイトASP

一応、僕のおすすめのECサイトのASPを載せておきます。

無料ASP

無料ASPは【STORES.jp】と【BASE】の2つです。

無料ASPの決め方は下記が簡単です。

  • コーディングを頑張ればできるなら【BASE】
  • コーディングできないなら【STORES.jp】

STORES.jpは何もしなくてもデザインが良いのが強みです。ただ独自ドメインが無料では取れないのがウィークポイントです。

BASEはHTML編集や独自ドメインが無料でとれるのが強みです。ただ初期デザインがイマイチなのがウィークポイントです。

無料のECサイト比較表もあるので参考まで。

とはいえどちらも無料なので一度試してみるのが良いです。

有料ASP

有料ASPは月額3,000円〜10,000円程の金額で利用できます。

もっと安いプランがあるのですが、あまり使えないプランなので現実的には3,000円くらいになります。

当たり前ですが、料金が高いほうが高機能になります。

僕のおすすめの有料ASPは下記です。

  • カラーミーショップ(月額3,000円)
  • Makeshop(月額10,000円)

先程紹介した名入れ機能や複数バリエーションにも対応しています。

まとめ

というわけで今回は以上です。

ECサイトの無料ASPか有料ASPを決める際には「注文方法」に着目するとASPが絞られていきます。

参考になれば幸いです。

-ECサイト

Copyright© YuzuNote , 2020 All Rights Reserved.