お金・仕事・健康のライフハックを紹介するサイト

YuzuNote

ECサイト

MakeShop(メイクショップ)のデメリット【経験者が語る】

更新日:

MakeShopって実際のところどうなの?デメリットはある?

そんな疑問に答えます。

この記事を書く僕は、実際にMakeShopでECサイトを運営し、月に80万円弱程の売上があります。

実体験をもとにMakeShopのデメリットと魅力を解説していきます。

結論は「機能的なデメリットはほぼない。ただ料金が高い。」です。

MakeShopのデメリット

僕がメイクショップを利用する中で感じたデメリットは下記です。

MakeShopのデメリット

  • 料金が高い
  • 同一ドメイン・サブディレクトリでのブログ運用に費用が発生

料金が高い

MakeShopの一番のデメリットは料金です。

月額料金が10,000円(税抜)かかります。

さらに下記の料金がオプションでかかります。

  • 常時SSLを利用:年額12,000円(月1,000円)
  • 画像容量アップ:年額14,400円(月1,200円)

オプションではありますが、SSLは基本的に対応したほうが良いですし、画像容量も標準仕様のものではかなり少ないので、必須でかかるものと認識したほうが良いです。

ということで、月換算すると12,200円がかかります。

ECサイトのASPの中では高めの料金設定です。

同一ドメイン・サブディレクトリでのブログ運用に費用が発生

ECサイトを運営しながらブログを集客用に立ち上げたいということがあると思います。

MakeShopの場合、同一ドメイン・サブディレクトリ(https://◯◯.com/blog/~~)でブログを立ち上げるのが有料となります。

一括払いで10万円、もしくは年額6万円のどちらかです。

しかもサブディレクトリは/blog/しか選べません。

サブドメインの立ち上げならできますが、その際は初期のドメイン設定でAレコードを選択する必要があります。(その際はMakeShopのメールは使えなくなります。)

専門的な話になるので詳しくは「MakeShop:ドメイン設定」をご覧ください。

MakeShopの魅力

メイクショップの魅力をあげます。

MakeShopの魅力

  1. 柔軟なカスタマイズ性
  2. ECサイトで必要となる機能を完備
  3. 機能拡張

柔軟なカスタマイズ性

MakeShopはとにかくカスタマイズが柔軟にできます。

僕がメイクショップを選んだ理由もこの点です。

  • デザイン
  • 注文機能

上記の2点でカスタマイズがとても柔軟にできます。

デザイン

デザインはHTML,cssともに利用できます。HTMLとcssの知識があれば問題なく使えます。

EC-CUBEや楽天市場のような使いづらさもありません。

JavaScriptも使用することができます。

注文機能

注文機能のカスタマイズも可能です。

「名入れ機能」という機能があるため、お客様に必要な情報を入力してもらうことが可能です。

(例えば下記のようにサイズを入力してもらったりできます。)

MakeShopの魅力

また「名入れ機能」をカスタマイズして、下記のようなラジオボタン形式にすることも可能です。(これは標準機能ではなくJavaScriptを利用しています。)

makeshopのフォーム

更に、2指標でのバリエーションを設定できます。

  • サイズ(S・M・L)
  • カラー(赤・青・黄)

例えば上記の場合は

S/赤:1000円 M/赤:1100円 L/赤:1200円
S/青:2000円 M/青:2100円 L/青:2200円
S/黄:3000円 M/黄:3100円 L/黄:3200円

このような金額設定が可能です。

この機能をJavaScriptでカスタマイズすると、

MakeShopの魅力1

MakeShopの魅力2

このように、入力サイズによって金額を変更するという機能をつけることもできます。
(この例では100を超えた数値を入力すると料金が変わるようにしています。)

※MakeShopの標準機能ではなくJavaScriptでカスタマイズしています。

上記のように注文機能を含むあらゆる部分でカスタマイズ性が非常に高いのがMakeShopの最大の魅力です。

ECサイトで必要となる機能を完備

MakeShopではECサイトで必要となりうる機能を完備しています。

  • クーポン設定
  • 会員グループ設定
  • 会員登録時/商品購入時にポイント付与

クーポン設定

ECサイトで

「xxxx」のコードを入力してくれた人に20%OFF!

というようなキャンペーンをやりたいと思うことは多いです。

そのクーポン設定は標準機能として搭載されています。

Makeshopの魅力3

細かい項目を設定することができるので大変便利です。

会員グループ設定

会員グループの設定もとても柔軟に使えます。

Makeshop魅力4

購入金額に応じてポイントの付与や割引の設定などが可能です。

会員登録時にポイント付与

会員登録時にポイント付与の設定も可能です。

会員登録時/商品購入時にポイント付与

会員登録時にポイントを付与して会員登録を促したり、商品購入時にポイントを付与して継続購入を促進したりといったことが、MakeShopの標準機能で行なえます。

これらの機能がはじめから備わっているのはとてもありがたいです。

値段が高いだけあります。

まとめ:MakeShopは高いがおすすめ

以上、MakeShopのデメリットと魅力を紹介しました。

値段は高いですが、その分機能は豊富で柔軟性も高いです。

本格的なECサイトで月数十万くらいの売上を目標にしている方にはとてもおすすめです。

15日間無料で試せるので、一度試してみると良いです。

下記のリンクからなら20日間無料でお試しいただけます。

MakeShop:20日間無料フォーム

というわけでMakeShopのご紹介でした。

-ECサイト

Copyright© YuzuNote , 2020 All Rights Reserved.