お金・仕事・健康のライフハックを紹介するサイト

YuzuNote

無料のECサイト

ECサイト

無料で作れるECサイトを紹介【経験者が語る】

更新日:

ECサイト始めたいけどリスクを取りたくない。無料で始められるECシステムはないかな?

そんな方に、無料で開設できるECサイトを紹介します。

結論は「BASE・STORES.jpかEC-CUBE」です。

この記事を書く僕は、EC-CUBEとBASEで作ったECサイトを運営しています。

無料のECサイトと特徴

無料でECサイトを運営する選択肢は2つです。

  1. 無料ASP
  2. オープンソース

のどちらかです。それぞれの特徴を解説します。

無料ASP

ECサイトの無料ASPとは「ECサイトの仕組みを無料で提供しているサービス」のことを指します。

そのサービスを使えば誰でも無料でECサイトが作れます。

有名なサービスは【BASE】と【STORES.jp】です。

無料ASPのメリット

  • 誰でも簡単にECサイトが作れる
  • システムについて気にする必要がない

最も簡単にECサイトを作れます。商品登録をするだけでECサイトが完成するので、パソコンを触れる人なら誰でも作成することができます。

また機能のアップデートやメンテナンスはサービス側で対応してくれるため、Web制作・プログラミングに詳しくなくても使うことができます。

無料ASPのデメリット

  • 柔軟性にやや欠ける
  • ブランディングしにくい

無料ASPのデメリットは、柔軟性にやや欠ける点です。

無料ASPのロゴを非表示にするのに料金がかかったり、独自ドメインにするのに料金(BASEは無料)がかかったりします。

またデザインの編集に制限があり、思い通りに変更できない部分があります。そのため他社と同じデザインとなり、ブランディングしにくい面もあります。

オープンソース

オープンソースは「無料でプログラムコードを公開してるので使ってね」というものです。

オープンソースのECサイトで日本で有名なものは【EC-CUBE】です。

オープンソースのメリット

  • デザインのカスタマイズがしやすい
  • ブランディングしやすい

無料ASPのECサイトに比べて、デザインの柔軟性が高いです。独自のデザインにできるためブランディングもしやすいです。

オープンソースのデメリット

  • コーディングに関する知識が必要
  • サーバー費用がかかる

デメリットはコーディング(主にデザイン)の知識が必要です。また機能拡張など行う際にはプログラミングの知識も不可欠です。

コーディング経験者にはそこまで難しくはないレベルですが、初心者が1から始めるにはややハードルが高いです。

また、オープンソース自体は無料ですが、サーバーを別途用意する必要があるため、完全に無料なわけではありません。

無料のECサイト3つを比較する

では【BASE】か【STORES.jp】か【EC-CUBE】のどれがいいの?という話ですが、それぞれのECカートシステムを比較しながら見ていきましょう。

結論だけ先に言ってしまうと下記です。

  • コーディングやプログラミングの知識があるなら【EC-CUBE】
  • コーディングがんばればできるなら【BASE】
  • コーディングできないなら【STORES.jp】

無料ECサイト比較表

STORES.jp BASE EC-CUBE
始めやすさ
簡単・デザインも良い

簡単

知識が必要
独自ドメイン
有料

無料

無料
デザインの柔軟性
テンプレート利用

ある程度編集可

柔軟に編集可
メンテナンス性
対応の必要なし

対応の必要なし

対応が必要

どれも一長一短という感じです。

判断材料としては、コーディングができるかどうか・自信があるかで選ぶのが良いです。

どれも無料なので一度試してみるのがおすすめです。

  1. STORES.jp
  2. BASE
  3. EC-CUBE

の順に導入が簡単なので、この順序で進めていくと効率的です。

STORES.jpは独自ドメインが有料なのでご注意を。

無料のECサイト実体験

僕自身はEC-CUBEで作ったサイトとBASEで作ったサイトの両方を運営しています。

個人的な主観の意見ですが、

EC-CUBEは無料ASPより検索流入で集客しやすいです。デザインの編集やページ追加がしやすいため、SEOに強いサイトを作りやすい印象です。

BASEは開設自体は本当に簡単にできるし、メンテナンスの必要がないのでとても楽です。ただECサイト単体での集客はしにくい印象です。

そのため、無料ASPは下記のような状況に該当する人に対してはおすすめです。

  • ホームページが既にあり、そこそこアクセスがあるカフェが「店舗で使っているコーヒー豆を新たに販売したい」という場合

サブ的な立ち位置でのECサイトならとてもおすすめします。

できれば有料ECサイトが良い

無料のECサイトを紹介しましたが、正直なところ、有料のECサイトの方が使い勝手は良いです。

無料のECサイトのデメリットを解決しています。

デザイン編集が柔軟で、機能拡張性も高いし、メンテナンスの必要もありません。

何を販売するかによりますが、そこそこの売上・利益を見込んでいる商材なら有料ECサイトにするのが、将来的なことを考えると良いと思います。

有料ECサイトだと、僕はMakeshopがお気に入りです。

別記事で有料のECサイトについても解説します。

というわけで今回は以上です。

-ECサイト

Copyright© YuzuNote , 2020 All Rights Reserved.