お金・仕事・健康のライフハックを紹介するサイト

YuzuNote

ECサイトの選び方

ECサイト

個人運営のECサイトの選び方【ASP・モール・オープンソース】

更新日:

ECサイトのシステムがたくさんあって分かりません。どうやって選べば良いですか?

そんな疑問に答えます。

この記事を書く僕は、ECサイトで月15万円〜20万円を稼いでいます。

個人でECサイトを始めようと考えている方がはじめの一歩を踏み出すのに役立つ情報を解説していきたいと思います。

ECサイトの開設方法【3つ】

ECサイトの開設方法は主に3つです。

  1. ASP
  2. モール出店
  3. オープンソース

この3つのどれを選べば良いかですが、まずは【ASP】か【モール出店】のどちらかで検討しましょう。

オープンソースは上記2つを試してみてから、金額感や機能が合わなかったら試しましょう。

【ASP】か【モール出店】のどちらを選ぶかの基準は下記です。

  1. 自分で集客できる【ASP】
  2. 自分で集客できない【モール出店】

解説します。

ASP

ASPを選ぶ際には「自力で集客することが必要」となります。

集客する方法は主には下記です。

  1. 自然検索
  2. 広告流入
  3. SNS
  4. 口コミ

他にも集客の方法は様々ですが、一般的なものは上記の4つです。

これらの方法で集客ができるならASPがおすすめです。

ASPのメリット

  • 費用がモールより安い
  • ブランディングしやすい

モール出店するより基本的に月額費用が安くなります。

また、デザインやレイアウトを独自に変えれるためブランディングもしやすいというメリットがあります。

僕のおすすめするASPは下記です。

  • STORES.jp(無料)
  • BASE(無料)
  • カラーミーショップ(有料:3,000円程)
  • Makeshop(有料:10,000円程)

無料ASPは機能やデザインに制限があります。有料ASPは機能が豊富でデザインの調整も可能です。

無料ASPと有料ASPの違いは「ECサイトの無料ASPと有料ASPの違い【注文フォームに着目すべし】」で解説しています。

モール出店

モール出店の場合は「手数料が高い」です。

集客はある程度モール側でできますが、その分販売手数料がかかってきます。

競合が多く、Google検索に表示させるのが困難な商品の場合にはおすすめです。

モールのメリット

  • 集客がしやすい

お金か手間かどちらを取るかという感じです。

モールにも複数種類があります。

  1. 楽天市場
  2. Yahooショッピング
  3. その他独自モール

楽天は手数料などが高めですが、集客力が高いです。また、専用ページを作成できるため、ブランディングもモールの中ではしやすいです。

Yahooショッピングは手数料が安いので始めやすいです。
(ただ、Yahooショッピングは僕が実際に使ったことがないため、集客効果がどれほどあるかわかっていないです。)

また販売する商品によっては独自のモールもあります。

ハンドメイド商品なら【minne】【Creema】などもおすすめです。

オープンソース

オープンソースを選ぶ場合は下記に該当する場合です。

  • 有料ASPを見たが金額が高かった
  • 無料ASPでは機能が足りない
  • 自社サイトを持ちたいためモール出店はNG

そんな場合はオープンソースを選びましょう。

オープンソースのメリット

  • 費用が安め
  • 機能拡張ができる
  • デザイン・レイアウトが自由自在

オープンソースは自分で機能拡張やデザイン・レイアウト変更ができます。

ただし、プログラミング知識やコーディング技術が必要となるため、自分でできるか、身近にその知識のある人がいる場合におすすめです。

導入自体はとても簡単にできるので、一度試してみても良いです。

まとめ

以上、ECサイトの選び方を紹介いたしました。

-ECサイト

Copyright© YuzuNote , 2020 All Rights Reserved.