お金・仕事・健康のライフハックを紹介するサイト

YuzuNote

フリーランス

【フリーランスにおすすめのWiFi】自宅も屋外も兼用できる【絶賛愛用中】

更新日:

屋外でもWiFi使いたいんだけど良いのないかな?フリーランスだから自宅でも屋外でも使いたいんだよね。

そんな疑問にお答えします。

結論は「どんなときもWiFiがおすすめ」です。

この記事を書く僕は、サラリーマンを退職後、個人で仕事をしています。

そんな僕が今現在も使っているWiFiが「どんなときもWiFi」です。

フリーランスにおすすめの要素が満載のWiFi

フリーランス・個人事業主の人にどんなときもWiFiをおすすめする理由は下記です。

  1. 自宅でも屋外でも使える
  2. 月額料金が安い
  3. データ容量無制限

解説します。

1.自宅でも屋外でも使える

フリーランスとして仕事をしていると、気分転換にカフェで作業したくなることや、打ち合わせでカフェを使ったりということが頻繁にあると思います。

ポケットWiFiを持っていなければ、「カフェのWiFiを使う」もしくは「スマホのテザリングを使う」のが一般的ですが、お店のWiFiは接続が悪かったり、テザリングはスマホの充電の減りが早かったりとストレスが貯まります。

そんなときに便利なのが、自宅でも屋外でも使える「どんなときもWiFi」です。

コンパクトな手のひらサイズですが、バッテリーの持ちも長く、電波も安定しています。

どんなときもWiFi

動画を見ても遅いと思ったことはありません。

それまで使っていた光回線と比べて違和感を感じることは全くありませんでした。

2.月額料金が安い

そして嬉しいのが、月額料金の安さ。

光回線の場合、5,000円を超える位の月額費用がかかると思いますが、どんなときもWiFiの場合は3,480円(税抜)、25ヶ月目以降は3,980円(税抜)です。

たった1,500円程の違いですが、固定費をできる限り削減したいフリーランスにとってはその1,500円はかなり大きいです。

僕はフリーランス当初、自炊で1食100円くらいに抑えていたので、1,500円あれば半月分の食費が確保できます。

3.データ容量無制限

そして更に素晴らしいのが「データ容量無制限」という太っ腹さ。

仕事でWiFiを使うフリーランスにとって、データ制限は死活問題。

データ容量を気にせずに使うことができるのはフリーランスにとってマストです。

どんなときもWiFiの魅力をまとめると下記です。

家でも外でも使えてデータ制限もないのに光回線より安いWiFi

フリーランスにとって最高のWiFiです。

おすすめできないポイントもある

もちろんメリットばかりではありません。どんなときもWiFiならではのデメリットもあります。

  1. 起動が手間・時間がかかる
  2. 同時接続5台まで可能

解説します。

1.起動が手間・時間がかかる

どんなときもWiFiを使っていて一番ストレスを感じるのが「起動時」です。

光回線であれば常に電源に繋がっているため、起動の手間はありません。

しかしどんなときもWiFiの場合は、起動が必要で、しかも起動時間に20秒〜30秒ほどかかります。

時間に追われていないときなら良いですが、打ち合わせの時間が迫っている時に30秒も時間がかかってはストレスが貯まります。

2.同時接続5台まで可能

どんなときもWiFiは同時接続5台までの対応です。

5台というと、PC・スマホ・kindleなどですぐに枠が埋まってしまいます。

接続台数の制限が少なめな点がどんなときもWiFiのデメリットです。

フリーランスとして仕事しているときでも、気軽にWiFiを貸してあげられないと思います。

まとめ:WiFi変えて良かった

僕は独立してだいぶ経ってからどんなときもWiFiに変更しましたが、もっと早くから変更すれば良かったと思っています。

光回線は安定しているしデメリットはないと思っていましたが、WiFiが持ち運べるかどうかはかなりフリーランスのような働き方をしている人にとっては重要です。

旅先でWiFiのことを全く気にしなくて良いようになります。

WiFiの有無でカフェを探すようなこともしなくて良いです。

持ち運べるWiFiを手にすると自由度が格段にアップするのでぜひご検討ください。

フリーランス必須アイテムと思います。

-フリーランス

Copyright© YuzuNote , 2020 All Rights Reserved.